パートナーを理解するために

うちの夫は、かなりの変人です。

 

いつも初めての人には、心の準備があった方がいいかな、とそう伝えております。

 

それを理解するまでは大変でした。はげしい喧嘩もありました。

 

遠距離恋愛時代ですが、私がカウンセラーに相談に行った時に、

 

 

彼はおそらくADHDだと思うわ~。

たぶんアスペも入ってるかも。。。

 

 

と言われた人ですよ。

実際の所どうなのか、ってことは

私にはどうでもいいんです。

 

ビル・ゲイツもスティーブ・ジョブズも、マーク・ザッカーバーグだって、

「たぶんそう」と言われてるわけですし、

日本でも「窓際のトットちゃん」黒柳徹子さんはかなり有名です。

 

まぁ私の場合、それを聞いて、これまで彼の言動で理解できないところや、腹が立っていた所が、すべて腑に落ちたんですわ。

 

 

で、こういう人はね、いろんな所が凸凹しております。

 

できるところはメチャクチャできるけど、抜けてるとこはとことん抜けている。

 

たとえば、ごくごく普通に日本で生きてきた私から見て、彼は天才級。

 

小学校に入る時から1年半飛び級(半分って何?)、

そこから国のトップクラスだけ集まる学校へ進学、

その年のトップ3しかもらえないという奨学金でオーストラリアに留学。

いわゆる8大学(Group of Eight)だし、オナーズだし。

たった一人でやってきたこの国で、

それからも自分のちからだけで

ガシガシと道を切り拓いてきた人。

 

もちろん、深くふかーく尊敬しております。

 

一方で「あなたバカなの??」「何なのよ〜!」ってことを、たくさんやらかしてくれます。悪びれることもなく。

 

日本から飛行機で貴重な休みを使って飛んできたのに、空港で2時間も放置されたことも。。。

 

えぇ、一般的な恋愛論から見れば、

 

「その彼やめるべし。」

 

と言われること確実です。

 

実際、友だちや両親にもやんわりと反対されておりました(笑)。

 

でもね、腑に落ちてしまったんですよ。彼がなぜそう行動するかが分かっていて、

 

そこに全く悪気がないことを知っていれば、後は自分がどう行動するかなんですよね。

 

彼は、変わらないし、変われない。

 

じゃあ自分が、その彼と一緒にいたいのか、どうしたら一緒にハッピーでいられるのか。

 

そうやって視点を切り替えてから、すべてが変わっていったんです。

 

今では、彼が

 

「君は僕の事を僕よりも知っている」

 

と言うくらいに(笑)

 

それでも、彼と一緒に過ごす週末は毎回chaos、計画はグチャグチャになるし、終わったあとはグッタリですけども。

 

この前も、観たかった映画を土曜と日曜、2回もシネマへ行ったのに結局観れなかったという。。。(そのぶん他に欲しかったものをいろいろと手にいれましたけどね) 

 

まぁ、それでも来月で、出会ってからなんだかんだと17年目に突入する私たち。

 

もちろん喧嘩もしますけど、結構仲良くやっています。

 

ずっとベイビーとして可愛がってきkumaに子犬が生まれたら、

 

あっという間に私たちはじーちゃんとばーちゃんだよ! と言いながら(笑)

 

***

 

あの時、彼を理解するために、

 

カウンセラーからもらった一言があるから

 

今があるんだなぁ、とつくづく思います。

 

私はね、ADHDとかアスペルガーとか、その人を理解するために

 

使ったらいいと思ってるんですよ。

 

決してラベルを貼るためじゃなく、もちろん差別するためじゃない。

 

人を理解するためには、いろんな視点から見ることが大事。

 

その中の一つのヒントとして、こういう視点もあるんだってこと。

 

ただ、それだけ。

 

理解できれば、そこからどうすればいいか、見えてくるから。