自分の人生にOKを出す

こんにちは、まみ です。
 
少し前の、本田晃一さんのこちらの記事を読んで、過去の自分を振り返って思うことがあったので、人生について引き続き書いてみます。
 
 

セルフイメージが低いままとか

自分を大切にする方法がわからないとか

優しくなれないとか

 

そんな質問が多かったので、

これやってみてね。

 

シンプルだけど効果は絶大だぜ。    ・・・ここまで本田晃一さんのページより引用

 

 
本当にね、効果絶大だと思いますよ(笑)
みなさんの寄せられたコメントを読ませていただくと、
 
これまで生きてきた自分に、ありがとう♡
 
と書かれてる方が多い印象を受けました。
私も自分を振り返って、全く同じように思います。
 
まずは、オーストラリアにやってきて3年間生きてきた自分に、頑張ったね、と。
ついつい、あれもこれも、もっとできたかも、と思いがちですが、うん、もう十分よ。
 
そこからさらに遡って、30年前の自分、20年前の自分、そして10年前の自分を思い出すと、もう今生きていることが奇跡だとすら思えてきました。
ここまでたどり着いた事に、周りの人へ深い感謝の気持ちでいっぱいになり、自分に対してハグしたくなりましたよ。
 
シンプルに自分の人生にOKを出すこと、いま生きている自分に感謝すること、
それが幸せへの近道なのかもしれませんね。
 
***
 
ここからちょっと過去のお話です。
長くなりますので、ご興味のある方だけお付き合いください。
 
30年前、小学生だった私は、人生に絶望していました。
子どもらしくない子どもだったんです(笑)
自分が無力な子どもであることが苦痛でした。
まだまだ長い人生は憂鬱でしかなく、
生まれてきたからってなぜ生きなくてはいけないの?
そんな風に考えていたことを覚えています。
 
別にイジメにあっていた訳でもなく、学校でも放課後も遊んでいた友達もいて、
毎年学級委員にも選ばれたりしていました。
でも、周囲との心のギャップがしんどかったんです。
誰ともつながる感覚が持てなかったから。
 
生きて行く希望が欲しかったから、私立中学を受験してガラッと環境を変えました。
(そうでなければ私は死んでしまうと、両親は心配してOKを出してくれたんだそうです)
進学することで世界が広がり、同級生たちと楽しく毎日を送っていたのもつかの間、
この中学・高校の6年間に人生でショックな大きな出来事が2つ起こり、
それもまた誰にもシェアすることができずに苦しむことになったのです。
 
私の両親は大学で出会って恋愛結婚し、バラ色の学生時代だったそうで、
「大学生になったら楽しいよ!」と常々言ってくれていて、
それを励みにようやく長いトンネルを抜けて大学生になりました。
でもね、心に大きな傷を2つ抱えたままの私にとって、大学時代は更に苦しかったんです(涙)
 
20年前、卒業間近の大学生だった私は、このままでは死んでしまうと思っていました。
大学4年間苦しみつづけた摂食障害から抜け出せず、自分の心と身体を痛めつけながら生きていました。誰にも言えませんでした。
将来になんの希望も見つけられないまま、学生時代が終わってしまう焦りのなか、
実家には病気の家族とまだ小さい弟たちがいて、ただ前に進むしかありませんでした。
 
そんな20代のスタートでしたが、心理学の勉強と素晴らしいカウンセラーとの出会いもあって、
自分の中にあった大きな2つの傷を癒すことで、やっと苦しみから解放されたんです。
そして学生時代からの大切な友達と「つながる」という感覚を心から持てるようになったことと、留学時代に今の旦那さんと出会って「愛する」という感情を持てるようになったことで、ようやく生きていることが楽しくなりました。
 
でも、まだもう一つ私には超えなくてはいけない山があったんですね。
 
10年前、私は人生で最大の挑戦と挫折を経験して、生きる気力を失くしていました。
今から思えば、すべて自分の未熟さゆえに起こったことなんです。
でもそこから立ち直るには長い長い時間がかかってしまいました。
誰よりも、自分の挫折を許せなかったのは自分自身でした。
 
そこにあったのは、完璧主義で生真面目で、条件付きでしか自分のことを認められなかった私の姿。
過呼吸やパニック、ウツに近い様々な経験の中から、自分を再構築してきました。
 
でもだからこそ、同じような苦しみを経験している人達に、
その苦しさは手に取るように分かるけれど、ただの同情ではなくて
「きっと大丈夫だから」と強く信じることができる自分がいるんだと思うのです。
 
そして完璧どころか不器用で情けない、そんな自分を100%認めているから、
同じようにダメダメな想いをしているすべての人が、ただ愛おしくなる♡
 
私と夫が遠距離時代からお互いによく言っていた言葉があります。
 
Nobody is perfect.
That's why we can help each other, we can learn from each other.
 
完璧な人なんて誰もいない。
だからこそ、私たちはお互い助け合うことができるし、お互いから学び合うことができる。
 
すべての人が自分の人生にOKを出して、幸せな毎日を送れますように。
 
{19CDC8B8-ADA0-4318-984A-6D8650713BBF}
私のほっこり時間@jamaicablue